このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

コンテンツメニュー
インターネットサービスへ
パソコンサポートサービス
LAN接続・施工
ホームページ製作・管理
デジタル写真撮影
おぼやのプロフィール
トップページへ
FLASHPLAYERが古い場合、右上の画像が表示されません。アドビ社のホ−ムページにて最新版をGETしてください。

 

 

ノートパソコンの場合、出張サービス以外に持ち込み、宅配によるハードディスク交換サービスも承っております。

費用は出張サービスと同額になります。

尚、あまりにも古い機種、自作機、OSのリカバリ(復旧)が困難な機種に関しましてはお断りする場合がございます。

また、使用するハードディスクによっては2週間ほどお時間をいただく場合がございます。

■参考料金
500GB 5400rpm ドライブの場合 Windowsのリカバリを含む 26250円+輸送料金
Windowsのリカバリ、アプリケーション、データのリカバリを含む 31500円+輸送料金
Windowsのリカバリを行わない 24150円+輸送料金

1TB、500GBの物は常備しているため到着、入金確認後、翌々日の発送となります。その他の物は修理に1週間ほどいただく場合がございます。

交換後のディスクはお客様の個人情報が入っているため、お客様にそのまま返品いたします。ご希望によりデーター消去も行います。

 

 

■交換作業について
ハードディスク

新品かつ出来うる限り、現在工場生産されている最新機を使用します。但し、ロット不良を避けるため、販売開始から3カ月以上過ぎたものを使用します。

この為、お時間をいただくことがあります。なお、パーテーションについてはお客様からのご要望に答えますが、ご要望が無い場合は、Cドライブの容量は購入時と同じになります。

リカバリ、ディスクがハードディスク内にある場合は、その分(10GB程度)少なくなります。

OS(Windows)の復旧

基本的には、お客様のリカバリディスク、復旧ディスクから復旧させます。

リカバリ領域がハードディスク上にある場合など、リカバリディスクが無い場合、予めお問い合わせください。リカバリ領域を専用コピーツールにて移すことにより、リカバリ可能となります。

OSインストール後はWindowsUPDATEを行います。

アプリケーションの復旧

お客様からお預かりしたCDにて復旧します。復旧できるアプリケーションはMicrosoftOffice、一太郎、花子などです。

尚、正規版以外の復旧は困難であるため、ご遠慮いたします。

ユーザデータの復旧 可能な限り復旧させますが、表面の損傷などにより復旧できない場合がございます。

 

■復旧ディスクが添付されていないパソコンについて。

NECなどメーカーによっては復旧ディスク、リカバリディスクが購入時に添付されていないものがあります。
この場合、お客さまにて予め復旧ディスクを作成されている場合はそれを添付してただくと復旧が容易になりますが、これらのディスクを作成していないお客様が大半です。

しかし、故障内容によってはこのリカバリ領域が生きているお客様が多く、新しいディスクに専用コピーツールを使用し移しかえることによりリカバリが可能となります。

ディスク障害は一般的にはCドライブ、Dドライブの表面異常、軸ずれによるものが大半で、これらの影響を最も受けにくい位置にリカバリ領域があります。この為、リカバリ領域で異常が発生する前に、Cドライブなどの読み取り不良が発生し、リカバリ不能の状態になります。

■リカバリ領域を使った復旧のしくみ

専用ツールにて新ドライブにリカバリ領域だけをコピーします。あとは、通常の復旧作業を行う復旧となるわけです。

但し、稀に、この領域も壊れていたりする場合があります。その場合は、修理不能として返品いたします。修理不能の場合は、調査費として、輸送費として3150円いただいております。また、ご希望により、ディスク交換のみのサービスへと移行させていただくことも可能です。

リカバリ後の古いディスクはお客様に返品いたしますが、パソコンに個々に固有の情報が入っているため、他のパソコンでの使用はできません。

 

 

■復旧ディスクが添付されていないパソコンについて。

NECなどメーカーによっては復旧ディスク、リカバリディスクが購入時に添付されていないものがあります。
この場合、お客さまにて予め復旧ディスクを作成されている場合はそれを添付してただくと復旧が容易になりますが、これらのディスクを作成していないお客様が大半です。

しかし、故障内容によってはこのリカバリ領域が生きているお客様が多く、新しいディスクに専用コピーツールを使用し移しかえることによりリカバリが可能となります。

ディスク障害は一般的にはCドライブ、Dドライブの表面異常、軸ずれによるものが大半で、これらの影響を最も受けにくい位置にリカバリ領域があります。この為、リカバリ領域で異常が発生する前に、Cドライブなどの読み取り不良が発生し、リカバリ不能の状態になります。

また、リカバリ領域が破損している場合は、メーカーからの入手となりますので若干時間がかかる場合がございます。

 

■リカバリ領域を使った復旧例

専用ツールにて新ドライブにリカバリ領域だけをコピーします。あとは、通常の復旧作業を行う復旧となるわけです。リカバリ後の古いディスクはお客様に返品いたしますが、パソコンに個々に固有の情報が入っているため、他のパソコンでの使用はできません。

 

■発送から完了まで

1.まず、電話で症状などをご確認いたします。 口頭ですが、簡易的な見積もりを行います。

2.お客様からパソコンを送付していただきます。 送付の際、輸送途中の破損による損害をなくすため、輸送会社の保険を必ずかけてください。梱包材は、輸送会社の専用梱包材を利用してください。それ以外の物では破損することが有ります。参考までに、ヤマト運輸の場合、梱包材が600円程度です。

3.送付するものは、ノ−トパソコン、電源ケーブル、リカバリディスク、アプリケーションのディスクなどです。

4.到着後、検査、見積もりを行います。この際、入金方法などをメールでお知らせいたします。ジャパンネット銀行、百五銀行の何れかの口座に入金していただきます。

5.入金確認後修理を行います。

6.動作確認後、発送いたします。